モノづくりの合体、始めました。

モノづくりの合体、始めました。

Hola!

毎度おおきにありがとうございます。
陶芸TocotonのRyoです。

陶芸Tocotonのブログは、L’Artesanna(ラルタザンナ)がカタルーニャ語で書いて僕は日本語で書くスタイルにしました。
僕のパートナーの考えを知りたい場合は、Google翻訳などのオンライン翻訳をぜひご活用ください。

さて記念すべき僕の1回目の投稿は、モノづくりの合体について。
僕はWebデザインを生業に仕事を続けてきました。
学生を終えてからの初めての仕事はシステムエンジニア。
それから紆余曲折ありながらWebデザイナー・ディレクターになり
2011年にWeb屋として独立。以降Webを中心にロゴや名刺などPCを使ったデザインを続けています。

一方L’Artesannaは、バルセロナで陶芸家としてキャリアを築き日本に来てからもせっせと陶芸を作っている毎日です。

僕は手に触れないデザインを作り、L’Artesannaは手作りのデザインを作る。

モノづくりは同じだけれど、真逆の立場の2人。
全く違うのを生かして一緒に始めたのが陶芸Tocotonです。

陶芸家(L’Artesanna)は、陶器を作るだけではなく
どんなうつわをお客さんは欲しいのか、どうすればその人の手に届けられるのかを考え、
Webデザイナー(僕)は、実際手に取って商品の良さがわかるようにするにはどうすればいいのかを考えたり、実物が出来上がるまでの工程の中でデザイン面でのアドバイスをしたりしています。

全く違うモノづくり屋さん同士だからこそ出来る「合体」。

次はお客さんの意見を組み込んで、「合体」していき、みんなが欲しい器ではなく「誰か」が欲しい器を作ります。

その誰かは、あなたかも。

次の合体のターゲットは、あなたかも・・・!

 

volver al blog