初心者でも大丈夫!陶芸体験で手びねりをやってみよう。

初心者でも大丈夫!陶芸体験で手びねりをやってみよう。

初心者でも陶芸体験で手びねりを使った色んなデザインができます!

「陶芸作品を作ってみたいけど、何から始めたらいいのかわからない」

陶芸教室に行ったことがなく、不安を感じている」

作ってみたいけれども、技術が足りないのでは?」

そう思っている方、ご安心ください。

陶芸は、無限のアイデアを実現できる芸術です。最も古く、最もシンプルな技法のひとつである陶芸で自由に作品を作ってみましょう。

今回は、手びねり技法がどのようなものかをご説明します。
作品を完成させるための最も基本的なツールもご紹介しています。


手びねりって、どんな技法?

陶芸の世界には様々な造形方法がありますが、手びねりや電動ろくろは最もポピュラーなものです。

手びねりとは、手の力で粘土を成形する方法です。その名は「手を使って作業する」という意味で、他の工具も使えるけども、電動ろくろは使いません。
この技法は「手捏ね」とも呼ばれ、「手で作る」という意味もあります。

手びねりは、粘土を手に取り、指で特定の形を作るだけで簡単に始められます。粘土をテーブルにぶつけて平らな部分を作ったり、手のひらの力を借りて粘土を丸めたりすることができます。指で粘土を絞ったり、伸ばしたり、穴をあけたり、いろいろなことをします。

昔、粘土遊びをした時に自由に手の中で粘土を転がして
好きな形にしたり、ただ土の感触を楽しんだ記憶はありませんか?
まさしくあれが、手びねりです。

道具の使い方などの予備知識を必要としないため、陶芸を始めるには最も基本的な方法です。てびねりとは、粘土の質感や温度、伸ばしたり成形したりしたときの形の変化を感じることができる技法です。

ですから、まずは手びねりで粘土の性質を確かめて、粘土の粘り気や質感、自分の手の動きによってどのように変化するかを知ることが大切です。

陶芸Tocotonの手びねり体験
陶芸Tocotonの手びねり体験
陶芸Tocotonの手びねり体験

この手法には2つの基本的動作があります。
この記事では、最初の陶芸教室で練習できるように、最もシンプルで簡単に学べる2つの方法を紹介します。


玉づくり。マグカップの基本的な作り方

玉づくりは、指が主役の技です。ボール状の粘土から始めて、真ん中に穴を開け、ボールの壁を狭くして、マグカップの形を作ります。

づくりの練習には、手ろくろを使うことをお勧めします。ろくろの中央にボールを置き、マグカップの底となる粘土が1センチほどの厚さになるまで穴をあけます。その後、手ろくろを回しながら器の壁を圧迫すると、全体的に均一な厚さになります。うつわの厚みが同じになるように丁寧につくっていきます。

陶芸教室で粘土遊び@陶芸Tocoton
大阪市生野区の陶芸教室・陶芸Tocoton
日本×ヨーロッパデザインの陶芸制作・陶芸Tocoton
日本とスペインの陶芸を作ろう@陶芸Tocoton
手回しろくろでマグカップを作ろう@陶芸Tocoton

 

粘土が少し乾いたら、別の粘土でひもを作り、器の外壁に貼り付けます。
スポンジを使ったり、指を少し濡らして粘土の上を優しく滑らして、
ガタガタになっているところを磨き、作品の口を滑らかにすることも可能です。

手びねりでマグカップを作ろう@陶芸Tocoton

紐づくり。手びねりのよくある技法。

紐づくりは、初心者から上級者まで幅広い層に人気があります。
異なる形状を作ることができ、作り方が非常にシンプルで、多くの道具や経験を必要としないためです。

通常、紐づくりは、茶碗やカップ、丸い花瓶などを作る時に使います。
食器や花器は日常生活の中にあるものなので、手順を知っておくといつか花瓶などを作るときに良い知識となるかと思います。

茶碗の作り方は、ゴルフボール大の粘土を作り、それをろくろの真ん中に置き、優しくなでるように平らにして、茶碗の土台を作ります。

手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton

そして、両手の力を借りて、テーブルと手の内側で転がしながら泥の棒(スペインの代表的なお菓子・チュロスのよう!)を作ります。粘土を強く押し付けると、テーブルの上で平らになってしまい、転がらないので、ご注意ください。

手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton

旋盤の中心で型取りした粘土の上に、ビスケットの縁を囲むように泥のチュロスを並べます。指で粘土を両側から押し付けてくっつけるようにしてください。

手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton

ひもが薄くなり、作品の壁が形成され始めるように、ゆっくりと絞りましょう。この練習では、1回のつまみでどれだけの力を使っているかを実感することができます。自分の身体とつながり、とても集中できる、とても面白い練習です。力を込めすぎると穴が開くし、力を入れすぎないなら、くっつきません。
指先の力加減を調整しながら土と手のいい塩梅を見つけてくださいね。

手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton

もう1つひもを乗せ、好みの高さになるまで繰り返す。
余分な粘土をカッターで切り落とすことで、口の部分を水平にすることができる。口や壁を滑らかにしたい場合は、湿らせたスポンジを使うか、
指を濡らして磨きたい部分に当ててください。

手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton
手びねりで茶碗を作る@陶芸Tocoton

作品の大きさによって、ひもの厚みや長さが変わってきます。
練習して、粘土と自分の手を知ることが大切です


手びねりと電動ろくろはどう違うのか?

手びねり技法では、旋盤の回転に制限されないので、より自由に粘土を成形することができます。電動ろくろは、旋盤加工した後に修正することは可能ですが、複雑な形状の成形にはお勧めできない技法です。

さらに、手びねりでは成形と同時にディテールや装飾を加えることができますが、電動ろくろでは成形に多くの水を使用するため、修正や装飾を始めるのに1〜2日待たなければならず、作品の乾燥に長い時間がかかります。

手びねり技法で作るときに手旋盤を使っても、手びねり以外の技法で作ったとは思われません。なぜなら、基本的技法は手びねり技法であり、手旋盤は作品を均一に研磨するためにのみ使用されるからです。


手びねりと電動ろくろの大きな違いは、良い結果を得るために必要な経験値の違いです。旋盤を使いこなすには何時間もかけてコントロールする訓練が必要ですが、手びねりの手順は、粘土を触ったことがない人でも、誰でも作り始められます。指で形を変えるだけで、もう手びねりは始まっています。直感的にさまざまなデザインを作ることができます。

手びねりで楽しい陶芸体験@陶芸Tocoton

電動ろくろは、同じような大きさの作品を素早く作ることができる素晴らしい機械です。手びねり方式では、作るのに時間がかかり、全く同じ2つの作品を作るのは不可能です。
しかし、この手作り感こそがハンドメイドで唯一無二の個性を堪能できる手びねりの面白みですね。

手びねりで作ると使ったり見たりするたびに、作ったときのことを思い出し、自分の努力の痕跡を見ることができます。

手びねり加工と電動ろくろは、どちらもデザインを実現するために、無限の可能性を与えてくれる非常に興味深い加工方法です。
今回は、「手びねり」の長所を中心にご紹介しました。また別の機会に、電動ろくろとその特性について詳しくお話したいと思います。


初心者向け手びねりのデザイン

デザインを始めるにあたって最も大切なことは、自分が好きな形、楽しめそうなデザインを選ぶことです。作っているうちに、もっと好きな形があったり、デザインが難しい部分があったりして、最終的に少し違う作品になるかもしれません。でも、ワクワクするようなアイデアから始めれば、作品を作る過程できっと多くのことを学べるはずです。


今回は、陶芸Tocotonのカタログの中から、3つのデザインを提案したいと思います。3つとも、手びねり技法で作られています。これを手本に練習を始め、形を変えたり、飾りをつけたりして、自分なりの工夫をするのもよいでしょう。


手びねりのデザインのおすすめ1番目は埴輪

オンラインショップで最も人気のある作品のひとつが埴輪です。家の中に飾ったり、指輪を保管したり、植物の横に半分埋めたりすることで、植物と一緒に過ごすことができます。

陶芸Tocotonの埴輪

埴輪の作り方はすべて同じですが、顔の表情や装飾はそれぞれ個性的なものになっています。本体は短いひもでできており、底に穴を開けてフィギュアの台座にしています。

腕は短くて細い2本のひもを埴輪の胴体に付け、鼻やその他の装飾もある。目の部分は、L'artesannaが工具を使って穴を開けました。指で頭の形や腕の動きを型どり楽しく作っています。

陶芸Tocotonのハニワ
陶芸Tocotonのはにわ

 

このように、同じ工程でまったく異なる個性のある作品を作ることができるのです。 


手びねりのデザインのおすすめ2番目は花瓶

この作品は、「ひものつくり」という技法で作られています。L'artesannaは、チュロスを1つずつ重ねて押し固め、花瓶の壁面を作っています。上部のパーツは、ひもを本体からはみ出るように水平に平らにして、広い口を作りました。

花瓶・陶芸Tocoton

道具を使いながら、表面を磨いていき、装飾には、コバルトとマットなエナメルを使用しました。

このデザインはそれほど複雑なものではありませんが、これだけ背の高いものを外側に変形させずに作るのが難しいところです。粘土を絞るときの力加減を理解するのに良い練習になります。


手びねりのデザインのおすすめ3番目はペーパーウェイト

この作品はとても簡単に作ることができ、そのシンプルさと、焼いた後の土の質感が見えることが美しさのポイントです。

ペーパーウェイト@陶芸とことん

これを作るために、白い粘土を使い、テーブルの上で転がしながら思い通りの形に仕上げていきました。焼いた粘土が表面を傷つけないように、下の部分を指でなめらかにしていく。また、上部は少し磨きましたが、粘土を転がしてできた形はそのままにしました。

この作品は、焼成後にガラスペーパーで磨いて、土の質感をなめらかにしています。土を鑑賞し、触れることができるよう、釉薬はかけていません。

初心者でもできる簡単な作業で、エレガントでありながら、二つと同じものがないユニークな作品に仕上がりました。


まとめ

粘土と手と好きなデザインさえあれば、たった1つのテクニックと少しの経験で、陶芸を始められることがおわかりいただけると思います。
もし、この技法を試してみたい、あるいはもっといろいろな技法を試してみたいと思われたら、遠慮なく私たちにご連絡ください。工房での陶芸教室のご予約をお待ちしております!

工房やワークショップに関する情報はこちらでご覧いただけます。

volver al blog